マジックバイオくん

食品資源リサイクル機器

毎日大量に発生する生ゴミを大幅に減容する業務用生ゴミ処理機を取り扱っています。環境に負荷をかけないバイオ方式なので、CO2の削減にも貢献。さらに分解後の残さを肥料として農家の方などに利用いただくことで、地球にやさしい循環型社会の実現に寄与します。食品資源の有効活用にぜひお役立てください。

食品資源リサイクル機器 マジックバイオくん

生ゴミは、土が食べてくれる。

「環境に適した生ゴミ処理の方法とは?」その答えは自然の中にありました。自然に生息する微生物の働きを生ゴミ分解に利用。生ゴミにふくまれる有機物を水蒸気と炭酸ガスに分解し、数時間で生ゴミを約90%減容。毎日発生する大量の生ゴミも、効率よく処理できます。

※投入するゴミの量・状態(成分・含水率など)や機種によって減容率は変化します。

主な使用先/使用用途

食品工場をはじめ病院・飲食店・スーパーマーケット・学校など、大量の食材・食品を扱うさまざまな施設で活躍しています。残さを堆肥として利用することで、食育指導や環境問題への取り組みにも貢献しています。

写真:食品資源リサイクル機器 マジックバイオくん

大自然から学んだ生ゴミ処理

食品関連事業において日々排出される大量の生ゴミ。燃やせば、ダイオキシンなどの有害物質が発生する可能性があります。乾燥させても大幅な減容は見込めません。そのまま廃棄しようとすれば、事業系ゴミの処分コストが増大します。生ゴミに適した処理方法とは?答えは、自然の摂理の中にありました。

小さな微生物が果たす大きな役割。森の資源循環に学びました。

森が落ち葉に埋もれてしまわないのは、土の中に生きる微生物が落ち葉を”食べて”くれるから。1gの土の中には1億を超える微生物が生息し、落ち葉や枯れ枝、昆虫や動物の死骸などの有機物を分解し、植物の成長に必要な栄養素を生成しています。植物としての寿命を終えた落ち葉が、微生物の働きによって、他の植物の栄養源として生まれかわる。小さな微生物が森の資源循環の中で大きな役割を果たしています。

自然界に生息する微生物が、生ゴミを“食べる”

有機物分解用バイオ資材 バイオテック・ユーノサ(特許取得済)

「資源循環における微生物の働きを環境機器に利用できないだろうか?」そんな着想から生まれたのが、有機物分解用バイオ資材『バイオテック・ユーノサ』。自然界の土に生息する微生物から選出し、特殊培養した資材です。微生物が木の葉を”食べる”ように、バイオテック・ユーノサが生ゴミなどの有機物を分解。人にも環境にもやさしい資材です。

投入してスイッチオン!あとは待つだけの簡単処理

生ゴミ処理手順